TAPCOMの理念

ソフトウェアはひとが使う道具だからこそ、
                  わかりやすく、使いやすく、シンプルに。

誰にでも使いやすいソフトウエアを目指して、タプコムはソフトウエアを提案していきます。
プロポジションなら、デジカメインターや、レイアウトボックス。マルチプリント・インなら、バリアブルウィザードなど他にはないソフトウエアで、ユーザーのお役に立ちたいと考えています。

あなたの作りたいドキュメント。タプコムが応援します。

 

これからのタプコム


ユーザーの声タプコムは、ユーザー様からのご意見を大事にして、開発・バージョンアップを勧めてまいりました。ユーザーの声を形にすることで、誰にでも より簡単で、直感的な操作のソフトウェアができると考えているからです。
たとえば、マルチプリント・インとプロポジションの連動は、 「バリアブル設定の途中で、ベースのデータも訂正したい!」という声を参考にさせていただきました。また、ウィザードも、「なにから始めてよいか、わからない!」「データベースのリンクが、わからない」という声から、データベースの関連付けまでが、設定されているウィザードができあがりました。
こんごとも、ぜひ、貴重なご意見をお聞かせください。

タプコムマルチプリント・インは、株式会社インフォトレンズ の<2008年 国内PODソリューション市場動向の分析と予測>サマリーにおいて ’市場シェア NO2’の高い導入実績を報告して頂きました。
今後、業界標準のバリアブルソフトを目指したソフトウェアづくりに、取り組んでまいります。