こんなとき どうする?


  ◆大判プリンターに、複数枚面付けしたい。

フォームを作成

社員証やポイントカードなどの単面のカードサイズのものに、バリアブル印刷を行って、大判プリンターで複数面つけして出力したい。

そんなときのマルチプリントの操作方法を
ご説明いたします。

 


 

@ 単面カードフォームを用意します。 (プロポジション・PDF・JPG)

社員証のフォームを用意します。

エクセルで用意

 

 

 

 

 

 

 

 


バリアブル箇所は、5か所です。
・社員ID ・所属 ・お名前 ・名前(ローマ字)
・写真  ・バーコード

上記フォームは、プロポジションで用意しました。
その他、PDFデータ、JPG、BMPデータの上にも、
バリアブル印刷を行うことができます。

※サイズは、86mm×54mm +3mm
(JIS規格 85.6mm×54mmで作成する場合は、お尋ねください。)

 

A 面つけダイアログの設定。 


1.出力の用紙サイズを入力。(A1の場合 594mm×841mm)

2.面付け条件に間隔を設定。 例は、上下左右 6mmあけ 
 →自動で 個数を計算します。
   面付け個数指定も可能です。

3.とんぼある なしを設定。

 

B確認して完成

自動で面つけします。
あとは、印刷をかければ OKです。

面付け画面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★印刷プレビュー画面では、一つ一つのデータ確認ができます。

確認プレビュー

 


  

 

 


よくあるご質問

1.大判インクジェットプリンターに、下絵(フォーム)部分と、バリアブルデータを別々に送って印刷することでも、ご利用いただいております。

プリンター等によって異なりますので、ぜひ お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

こんなときどうする へもどる→